カセットテープデジタル化サービスとは

カセットテープデジタル化サービスとは、ご自宅で保管しているカセットテープのデータを拾い上げてデジタル化し、CDにダビングするサービスを指しています。
最大手はこちらのカセットテープデジタル化サービスでしょうか。

このサービスははこれまであまり聞くことが無い馴染みが薄いサービスなのですが、なぜ今こうしたサービスが広く提供されているのでしょうか。
カセットはCDが広く普及する前の時代に広く使われていた記憶媒体で、60年代に一般に利用されるようになり80年代になるとLPやEPなどのレコードを追い越して多くのシェアを獲得し最盛期を迎えます。

この最盛期に作られたカセットも早30年以上が経過することになり、それ以前のカセットも含めて劣化が著しく進むようになったのです。
そうした事情から以前よりカセットテープをCD化するサービスが広く提供されるようになり、ネットでは多くの業者を見つけることができるのです。

ではカセットテープデジタル化サービスを利用した場合に、音質はどのように変わるのでしょうか。
細かな作業内容については個々のサービスにより変わるのですが、一般的には雑音を除去するノイズリダクションが行なわれます。

ノイズリダクションとは信号処理の一種で、余計な音を排したピュアな音になり、より原音に近い音源を取り出すことができます。
加えて録音レベル調整をした上でオーディオマスター機能によりデジタル化処理を行いますので、カセット特有の太い音をそのままにした良い音質で録音することができます。
またそれ以外にも一般的なCDのように頭出しできるよう曲を分割したり、磁気テープが切れていたり絡まった場合は分解修理が行なわれます。
このあたりの作業についてはそれぞれのサービスにより作業項目は変わることになり、お手持ちのカセットの状態に合わせて対応してくれるサービスを探すと良いでしょう。
またデジタル化はカセットテープだけでなくレコード・MD・オープンリールなど様々対応していますので、サービスを利用する際にはお手持ちの記録媒体をまとめてCDにするのも一つの手です。

参考文献:MDからCDへの変換方法、、MDからCDへの方法まとめ、MDからCDへダビングサービス、MDからCDへのダビングセンター 、MDからCD


▲ページトップに戻る