HOME > カセットテープをCDにするメリット

カセットテープをCDにするメリット

カセットテープは今もなお自宅に保管している方も多く、最近では古い音源をCDに録音しデジタル化する方が増えており、そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずカセットテープの場合は自宅にあるプレーヤーが古い事から故障していたり、すでにプレイヤーを処分したケースも多くあります。
昔を懐かしみ久々にカセットを再生しようとした所でまずはプレイヤーを準備する必要があるのですが、大手家電量販店でも必ずしも商品が並べられている訳ではありません。

そうした事情が重なり再生が遠のく中では、カセットの磁気が減ることもあれば磁気転写することもあり、知らず知らずのうちに貴重なデータが失われる事があるのです。
こうした劣化についてはあまり広く知られておらず、カセットが使えなくなる前にCD化しておくことには大きなメリットがあるのです。
音楽であれば新たにCDを購入することもできますが、例えばお子さんが生まれた時の音声やお気に入りだったラジオ番組などは再び手に入れる事はできず、できるだけ早くデジタル化することがお勧めされます。

またカセットテープをCDに移す事は他にも様々なメリットがあり、使い勝手は良くなる事も大きなポイントとして挙げられます。
例えばカセットを再生する際には曲の頭出しを行う必要があります。
カセットは前回に停止した場所から音楽が再生されますので、巻き戻したり早送りするなどして毎回のように曲の頭出しを行う必要があります。

一方でCDの場合は1曲ごとにインデックスされていますので、手の掛かる操作を行う必要がなく一発で再生することができようになり、使い勝手が良くなる点も大きなメリットとして挙げられます。

またカセットの再生や巻き戻し・早送りなどの動作については繰り返し行うことでテープは消耗されてしまい、特に年月が経ったテープは操作を繰り返すことでいち早く劣化が進みますので、こうした点についてもデジタル化がお勧めされる理由の一つです

▲ページトップに戻る